院内通信

2017.01.23

院長が、神戸新聞の健康アドバイスQ&A『下肢静脈瘤』の記事に掲載されます。【2017年1月26日(木)】

当院の院長が、神戸新聞の取材を受け、健康アドバイスQ&Aの欄【下肢静脈瘤】に掲載されました。
1月26日(木)の神戸新聞です。

記事はこちらをご覧ください

くぼクリニック

2016.03.11

神戸市垂水区の病気の再発予防にも着目している内科

日頃、テレビでもよく聞く多い病気名に、高血圧、糖尿病、高脂血症があげられます。
血圧が上がったり、下がったりするだけでも、体の不調が出てストレスも感じやすくなります。
さらに、これらの病気は脳卒中、動脈硬化、心筋梗塞等の病気に進む可能性を秘めています。

脳梗塞では、発症した方のおよそ2、3割の方が3年以内に再発しているという統計もあります。
脳梗塞は発症するだけでも、麻痺や言語障害、時には死に至ることもある病気です。

再発予防し病気に強い体を目指すには、専門的な知識と体がどういった状態にあるかをしる機器も大切です。
当院は、病気を予防する治療も大事にし、地域の方が健やかに生活できることを応援していきます。

神戸市垂水区の身近なかかりつけ内科として、まずはご相談ください。

2016.03.04

神戸市垂水区の病気の再発予防にも着目している内科

日頃、テレビでもよく聞く多い病気名に、高血圧、糖尿病、高脂血症があげられます。
血圧が上がったり、下がったりするだけでも、体の不調が出てストレスも感じやすくなります。
さらに、これらの病気は脳卒中、動脈硬化、心筋梗塞等の病気に進む可能性を秘めています。

脳梗塞では、発症した方のおよそ2、3割の方が3年以内に再発しているという統計もあります。
脳梗塞は発症するだけでも、麻痺や言語障害、時には死に至ることもある病気です。

再発予防し病気に強い体を目指すには、専門的な知識と体がどういった状態にあるかをしる機器も大切です。
当院は、病気を予防する治療も大事にし、地域の方が健やかに生活できることを応援していきます。

神戸市垂水区の身近なかかりつけ内科として、まずはご相談ください。

2016.02.09

心臓リハビリテーションの効用

狭心症や慢性心不全、慢性閉塞性動脈硬化症など患った方にとって、心臓の機能を回復させることは非常に重要です。
そのために、患者様の状態によっても違いますが、ウォーキングやジョギング、水泳、ジャズダンスなどの有酸素運動を行っていただきます。
運動は、体力回復にもつながりますし、筋肉や骨を鍛えるため、老化防止にもなります。
また、動脈硬化などの危険性を回避することにもつながります。

運動を毎日続けることで、血液の循環量も上がり、身体に良い影響を及ぼします。
安全に正しく運動することは、薬を飲むよりも効果があるので、ぜひトライしてください。

神戸市垂水区の当クリニックでは、患者様にとって最適なリハビリテーションのプログラムを提供しています。
慢性心不全など患った方は、当クリニックまでご相談ください。

2016.01.25

老化にゆるやかに、若々しく

高血圧や高脂血症などの生活習慣病の改善とともに、病的でアンバランスな老化を防いで若々しく生きることは大切ではないでしょうか。
少子高齢化で長生きをする方も多くなるのですから、病気をしないで、元気な毎日を送れるようにしたいものです。

神戸市垂水区にある当クリニックでは、歳を重ねた方に、若々しくあって欲しいという願いから、アンチエイジングを応援しています。
キレート剤の点滴によって、有害な老廃物を取り除き、免疫力をアップさせます。
ビタミンCを摂取することで、コラーゲンの生成もサポートします。

また、運動指導や栄養指導、サプリメント処方、ストレスマネージメントなどを組合せ、お一人おひとりに合ったアドバイスを行います。

当クリニックのアンチエイジング治療で、若々しく、老化をゆるやかに迎えましょう。

2016.01.12

神戸市垂水区にお住まいの方で高脂血症の治療なら

年に一度は、健康診断を受けてご自身の健康チェックを行いましょう。
その中でも、血液検査は、身体の健康チェックをするには簡単で顕著に表れる検査方法です。

血液検査の結果、コレステロールや中性脂肪の値が高い場合を高脂血症といいます。

今回は、その中の高脂血症の「家族性高脂血症」を取り上げます。
もしご家族の中で高脂血症の方がよくいらっしゃる場合、これが疑われることがあります。これは、遺伝的な要素が強いもので生活習慣が良好で、問題がない場合でも起こってしまいます。
原因は、遺伝子の異常によって、血中コレステロールを取り除く働きが低いことです。

家族性高脂血症は、子供でもコレステロール値が高くなる場合もありますので、お子様でも注意が必要です。

当院では、いつでもご相談を承ります。
お申し出ください。

2015.02.23

市民健康セミナー

下肢静脈瘤のレーザー治療セミナー
(保険で治療ができる!)

参加無料      定員 360名

日時:
3月29日(日) 14:00~15:30まで(13:30~開場)

場所:
兵庫県民会館(9階けんみんホール)
兵庫県神戸市中央区下山手通4-16-3
※地下鉄山手線 【県庁前】駅よりすぐ
※JR・阪神【元町】駅より徒歩7分

講師:
下肢静脈瘤とは?~原因と症状について~
神戸大学医学部付属病院
野村 佳克 先生(心臓血管外科特定助教、血管内治療センター副センター長)

治療について~最新のレーザー治療~
くぼクリニック
院長 久保 清景 先生

申込方法:
FAXまたはお電話にてお申込みください。
※お申込みの際、「お名前」「ご連絡先(電話番号など)」「参加人数」の情報をお教え下さい。
※当日のご参加も可能ですが、人数把握の為、事前のお申込みにご協力いただきますようお願い致します。
※個人情報は、本セミナー以外で使用いたしません。また、ご本人様の同意がない限り第三者には提供いたしません。

申込み・お問い合わせ:
株式会社インテグラル
TEL:0120-885-111
FAX:03-6417-0853    平日:午前9時~午前5時

2014.06.26

高血圧は放っておかず管理が必要です。

年齢を重ねていくと、小さなことでも様々な病気が気になってきます。
その中でも多くの方が気にされるのが、高血圧ではないでしょうか。
歳を重ねるにつれて、高血圧の人が増えていくのは事実です。

原因としては、歳をとると血管がかたくなり、それに関わり自律神経の働きが悪くなってくるために、高血圧につながります。
また、それだけではなく食生活による影響もあります。
塩分を摂取しすぎるのも高血圧の原因と言われています。

対策としては食事療法や運動療法が自宅で手軽に出来る方法ですが、それでも血圧が下がらないなどの場合は、病院できちんと管理する必要があります。
神戸市垂水区にある当クリニックは高血圧の患者様もお受けしております。
お気軽にご相談ください。

2014.06.24

身体の内面から健康作りを始めませんか

こんにちは。
梅雨に入り、ジトジトと長い雨が降ったり、そうかと思えば梅雨を忘れる程に晴れて気温が上がったりと、過ごしにくい日が続きますね。
神戸市垂水区のみなさんは毎日元気で過ごせていますか。

幼い頃はそういった気候の変化などにはなんの影響も受けなかったのに、雨が続くと体調が優れなかったり、頭痛が続くなんて症状はないでしょうか。
また実際的に健康診断などで高血圧、高脂血症などと言われたことはないでしょうか。

当院はそういったサインを見逃さず、身体の内面から加齢に負けない健康を目指します。
病気になって治すよりも、まず病気にならない身体作りをしませんか。
いつまでも元気で健康に、をコンセプトに、積極的なプラス思考の医療を目指しています。

2014.06.18

日本人の体に良くも悪くも影響を与える現代の食生活

近年、日本人の食生活は実にさまざまな変化を遂げています。
昔と違い、気軽に世界各国の料理を味わえ、様々な味覚を身に着ける機会に恵まれています。

これは日本人の生活が豊かになった証であり、喜ばしいことでもありますが、同時に新たな問題が健康面で生じているのも事実です。
味覚は変化に順応できても、食べ物を消化する内臓、栄養を運ぶ血液が脂質や塩分過多な食事に適応できず、悲鳴を上げるケースが増えております。

神戸市垂水区にある当院では、そのような症状で来院される患者様の治療を行うと共に、生活習慣の改善アドバイスも行っています。
高血圧、高脂血症など、薬の服用だけでは改善が困難な症状の方には、適度な運動療法や栄養療法を勧めております。
自覚症状が少しでも出ましたら、重症化する前にぜひ当院にご相談下さい。

1 2 3 4 5 6 7