睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

いびきが重大なサイン
すぐ医師にご相談ください

医学的に、10秒以上の間気道の空気の流れが止まってしまった状態を無呼吸といい、無呼吸が睡眠中(一晩を7時間とした場合)に30回以上発生した場合、もしくは1時間の間に5回以上無呼吸になると、睡眠時無呼吸となります。自覚症状としては、睡眠中の呼吸状況なのでなかなか気づくことが難しく、潜在的に無呼吸症候群の方は多くいると考えられております。また、一緒に寝ている家族から指摘されて気づくケースも多くあります。

睡眠時無呼吸症候群の主な症状とは

【寝ている時】寝ている時

  • いびきをよくかく
  • いびきが止まる。その後、大きな呼吸になりいびきが再開する
  • 呼吸がとまる
  • 息苦しそうに見える
  • 何度も眼が覚めて、熟睡できない
  • 寝汗をかく    など

【起床した時】起床した時

  • 口の中が乾いている
  • 頭痛がする
  • 寝起きが悪く、熟睡間がない
  • 体がだるい、重く感じる  など

【日中】日中

  • 強い眠気がある
  • 体のだるさ、体が重い
  • 集中力を持続させにくい
  • いつも疲れているように感じる  など

睡眠時無呼吸症候群になりやすい方

【生活習慣として】

  • 肥満気味の方、暴飲暴食をしてしまう習慣がある方
  • タバコがやめられない、本数が多い
  • お酒が好きで、飲みすぎたり、寝る前に飲む習慣がある
  • 高血圧、糖尿病、高脂血症などと診断されたことがある方

【身体的な特徴として】

  • 首が比較的短い方
  • 首周りに脂肪が付いている方
  • 下の顎(あご)が小さい方
  • 歯並びが悪い方
  • 舌や舌の付け根が大きい方

睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠時無呼吸症候群の原因には、大きく2つの理由があります。
閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)
【閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)】
主な原因(約9割に方)としては、喉や気道が塞がってしまう事があります。気道が塞がってしまう・狭くなってしまう原因としては、喉の脂肪・扁桃腺肥大・舌の付け根が沈下する・口蓋垂の沈下・軟口蓋の沈下が主要因といわれております。【図参照】【中枢性睡眠時無呼吸症候群(CSA)】
もう一つの原因(約1割の方)としては、脳から出ている呼吸指令(呼吸中枢)の異常が考えられます。この中枢性睡眠時無呼吸の原因は様々あると考えられておりますが、心臓の機能低下が30%~40%だと言われております。

睡眠時無呼吸症候群の治療の流れ

ESS(Epworth sleeiness scale)と評価

ESSは、以下の8つの状況下における眠気を4段階で評価したものです。

状況 点数
1.座って読書をしているとき 0 1 2 3
2.テレビを見ているとき 0 1 2 3
3.公の場所で座って何もしないとき(喫茶店など) 0 1 2 3
4.1時間続けて車に乗せてもらっているとき 0 1 2 3
5.午後に横になって休息したとき 0 1 2 3
6.座って誰かと話をしているとき 0 1 2 3
7.昼食後(お酒を飲まずに)静かに座っているときト 0 1 2 3
8.車中で、交通渋滞で2から3分止まっているとき 0 1 2 3

スコアは0点~24点となります。
通常  ・・・10点以下
軽症  ・・・11点~13点
中等症 ・・・13点~16点
重症  ・・・17点以上

簡易検査

自宅で簡易的に検査できる機器を使って行う検査です。手の指や鼻の下にセンサーをつけて、いびきや呼吸の状況を調べて睡眠時無呼吸症候群の可能性を調べることができます。
AHI(Apnea Hypopnea Index:無呼吸低呼吸数値)
LowestSaO2:最低動脈血酸素飽和度
の2つの判定を行います。

正常 軽症 中等度 重症 最重症
AHI ~5(10) ~20 ~30 ~50 51以上
LowestSaO2 ~90(%) ~85(%) ~75(%) ~60(%) 59%以下

終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG)

簡易検査より詳しく調べる検査です。検査を行うには専門の医療機関に1泊とまって行う必要があります。夕方に医療機関に行っていただき、そのまま検査機器をつけて就寝し、朝起床したら帰宅していただけます。

【主な検査項目としては】
口と鼻の気流(空気の流れ)
血中酸素飽和度(SpO2)
胸部・腹部の換気運動
脳波
心電図
いびきの音
睡眠時の姿勢 など

睡眠時無呼吸症候群の治療について

マウスピース治療

気道が狭くなっている方は、マウスピースを使って治療を行います。睡眠中にマウスピースをつけることで、気道を塞がらないようにし、いびきや無呼吸の発生を防ぎます。
※重症の方の場合には、マウスピース治療では効果が十分とはいえません。

CPAP療法

CPAP療法
「CPAP(シーパップ)療法:経鼻的持続陽圧呼吸療法」とは、現在最も普及している治療方法で、寝ている間に息がとまったり、無呼吸になった時に、専門の機械で空気を送り続けて、無呼吸を防ぐ治療法法です。
図のように、鼻にマスクを正確に装着し、就寝します。

外科的手術

外科的手術に関しては、扁桃肥大やアデノイドが原因の場合は摘出手術で症状が改善しますが、軟口蓋(のどちんこ)が原因の場合では、手術効果が不十分で再発することもあります。手術を行う場合は専門の医師によく相談するようにしてください。

当院では、CPAP療法を行っております

診療報酬適応基準からみたCPAP導入フロー

診療報酬適応基準からみたCPAP導入フロー
まずは、当院までご相談ください。