2013.07.24

睡眠時無呼吸症候群は神戸市垂水区の当クリニックへ

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、最近よくメディアなどでも取り上げられますが、睡眠中に呼吸が10秒以上停止し、無呼吸状態が1時間に5回以上続く病気のことです。
放っておくと、生命の危険も引き起こしかねません。
この症状のある方は、熟睡した感じがないとか、昼間の眠気、頭痛などを引き起こすことがあるため、特に自動車を運転する方などは危険です。

また、睡眠時無呼吸症候群の患者さんの多くは、高血圧や糖尿病、心臓病、高脂血症、動脈硬化なども合併していることが多いため、早期検診、早期治療が必要です。

当クリニックでは、合併している症状の治療に合わせて、治療器具を用い、無呼吸の発生を防ぐ治療を行っています。
睡眠時無呼吸症候群ではないかと心配のある方は、当クリニックまでご相談ください。