2013.08.30

睡眠時無呼吸症候群の治療は神戸市垂水区の当院へ

「最近、いびきが大きいと言われる」「睡眠時間は十分なのに日中いつも眠い」「車の運転中によく居眠りしそうになる」という方は、睡眠時無呼吸症候群を疑ったほうがよいかもしれません。
睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に主に上気道が塞がって、10秒以上、呼吸が停止する病気です。
1時間に5回以上、または一晩に30回以上、呼吸の停止が起きている場合は、睡眠時無呼吸症候群と判断されます。

睡眠時無呼吸症候群の原因はさまざまで、眠りが浅くなることから慢性的に疲れがとれなくなったり、頭痛がするようになり、重症化すると命も脅かすことになりかねません。

当クリニックでは、睡眠中に空気を気道に送るために、フェイスタイプや鼻マスクタイプの治療機器を使用しています。
睡眠時無呼吸症候群の心当たりがある方は、まずはご相談ください。