2013.12.17

内科の専門家がお悩みにお応えします

日頃の生活習慣、食生活の乱れ、塩分の過剰摂取が重大な病気を引き起こす恐れがあります。

睡眠時無呼吸症候群は高血圧、高脂血症と密接な関係があり、これらを放置すれば、動脈硬化、心疾患、脳卒中を発症するリスクが高まります。
そのため、医師の指示のもと、食事療法や運動療法などを通じて、健康状態を改善、コントロールすることが必要です。

当院では、内科治療に加え、予防医学やアンチエイジング、その他、診療範囲は多岐に渡ります。
患者様の状況を把握、体の不調の原因を探し、症状を改善、予防できるようサポート致します。
病気を治すことは大切ですが、治療後の再発を回避できるように健康管理に気を配ることも重要です。

気になること、お困りのことがありましたら、ご相談ください。