2014.04.21

レーザーで下肢静脈瘤の治療をお考えの方へ

当院は循環器内科をはじめ下肢静脈瘤の治療などを行っており、神戸市垂水区から多くの方にお越しいただいています。

下肢静脈瘤は、足の静脈が逆流し停滞することで血管が膨らみ浮いて見える状態となるのが特徴で、足がむくむ、足がだるくなる、こむらがえりを繰り返すようになるなどの症状がでてくるようになります。
命にかかわる重篤な病気ではないかも知れませんが、日常生活に支障をきたす病気であることから治療される事をお勧めさせて頂いております。

患者様の症状に応じて治療方法をご提案させて頂いておりますが、当院でレーザー治療を行う場合、レーザーの熱を利用して静脈を塞ぎ、切開しませんので痛みも少ないのがポイントです。

当院ではレーザー治療はもちろんのこと、下肢静脈瘤治療の経験と実績がございますのでご安心下さい。