2014.04.24

患者さまにとっての「ゲートキーパー」であるために

心臓の病(狭心症、慢性心不全、慢性閉塞性動脈硬化症)や、心臓手術後の患者さまの心臓の機能を回復させるにはどうしたら良いでしょうか。

それには「心臓リハビリテーション」という運動療法をおすすめしています。
心臓を患っているのに運動をしても良いのかと思う方もおられます。
もちろん激しい運動はとても危険ですが、1日30分ほど少し早めに歩く程度の運動であれば体にかかる負荷も軽いものです。
そして正しい運動療法を毎日続けることで、体全体の血液の循環量があがり、心肺の機能を正常に回復させ、快適な生活を送ることができるようになります。
さらにはアンチエイジングにもつながります。

当院では、神戸市垂水区にお住いの心疾患をお持ちの患者さまに、お体の状態に合わせた最適なリハビリプログラムをご提供いたします。