2013.07.31

心臓リハビリテーションの効用

狭心症や慢性心不全、慢性閉塞性動脈硬化症など患った方にとって、心臓の機能を回復させることは非常に重要です。
そのために、患者様の状態によっても違いますが、ウォーキングやジョギング、水泳、ジャズダンスなどの有酸素運動を行っていただきます。
運動は、体力回復にもつながりますし、筋肉や骨を鍛えるため、老化防止にもなります。
また、動脈硬化などの危険性を回避することにもつながります。

運動を毎日続けることで、血液の循環量も上がり、身体に良い影響を及ぼします。
安全に正しく運動することは、薬を飲むよりも効果があるので、ぜひトライしてください。

神戸市垂水区の当クリニックでは、患者様にとって最適なリハビリテーションのプログラムを提供しています。
慢性心不全など患った方は、当クリニックまでご相談ください。